ウィルス対策ならUTM

中小企業向けのUTMについて詳しくご紹介します



当サイトでは、中小企業向けUTM(統合脅威管理)のサービス内容や選び方のコツなどをご紹介しています。
UTMを導入すると、1台のゲートウェイを設置するだけで社内のネットワークを外部からの攻撃から守ることができるというメリットがあります。
ネットワークを守ることに加えてスパムメール対策をしたり、ネットワーク管理機能を利用することも可能です。
ベンダーごとにUTMで提供されるサービスや導入コストに違いがあるので、自社に合ったサービスを選ぶことが大切です。

中小企業向けUTMで社内ネットワークも管理

中小企業向けUTMで社内ネットワークも管理 中小企業向けUTMを導入してゲートウェイを設置すれば、包括的に社内のネットワークのセキュリティ対策を行うことができます。
UTMの主な機能には外部からの脅威から守るための対策として、ファイアウォール・アンチスパム・IDS(侵入検知システム)・IPS(侵入防止システム)、などがあります。
これらに加えて、社内からのアクセスやマルウェア・ウイルスなどの脅威から守るために、スパイウェア対策(アプリケーション制御)・Webフィルター、などの機能も含まれます。
ネットワーク管理機能により会社のPCからフィッシング(詐欺)サイトへの接続を遮断したり、危険なマルウェアのプログラムが実行されないように制御することができます。
中小企業向けUTMにはサポートサービスも付いているので、ITに詳しいスタッフが在籍していない会社でも社内ネットワークを管理して攻撃者から守ってくれるでしょう。

負担を抑えつつ通信を監視する中小企業向けUTM

負担を抑えつつ通信を監視する中小企業向けUTM 中小企業は、コスト的な問題からこれまでセキュリティ対策はおざなりにされてきました。
しかし近年は中小企業でもお客様や取引先の個人情報を扱う機会は増え、また重要機密を外部から狙われる可能性も高まっています。
セキュリティ対策をおざなりのままにしていると大きな被害を被る可能性が高まっているので、一刻も早く高めておかなければいけません。
コストを抑えつつセキュリティ対策を行いたいなら、中小企業向けUTMがおすすめです。
中小企業向けUTMは通信状態を監視して、不正ログインなど怪しい兆候がない監視しています。
問題が発生したときには速やかに通信をブロックするなどの対策を施してくれるので、効果的なセキュリティ対策になるでしょう。
しかし一般的なUTMは導入のコストが高く、また運用していくための負担も大きく中小企業への導入は簡単ではありません。
ですが中小企業向けUTMなら、コストや運用負担を減らしながら導入できるメリットはあります。
もちろん機能的には大企業向けUTMに比べると落ちることもありますが、それでも通信の監視やブロックなど基本的な性能はそのままなので、中小企業向けUTMでもセキュリティ対策として一定の効果を発揮してくれます。

中小企業向けUTMには主に3種類の導入形態がある

中小企業向けUTMには主に3種類の導入形態があります。
インストール型とアプライアンス型、クラウド型の3種類ですが、選ぶものによって特徴が大きく違っているので注意が必要です。
インストール型の場合は、サーバーにソフトウェアをインストールすることで使用できるようになります。
アプライアンス型の場合は、専用のハードウェアにソフトがインストールされており、UTMの動作だけを目的としてつくられていることを知っておきましょう。
クラウド型は名前の通り、クラウドサービスとしてネットワークを介して使用することができるものです。
中小企業向けUTMを使いこなせるだけの人材がいる場合はどれでも問題ありませんが、そうでない場合はアプライアンス型やクラウド型が便利だと言えます。
導入形態ごとにメリットとデメリットがあるので、形態ごとに中小企業向けUTMの特徴を確認した上で利用するものを決めていくことが大切だと言えるでしょう。

中小企業向けUTM導入することのメリット

UTMは、複数の違うセキュリティ機能を1つのハードウェアにまとめることで、集中的にネットワーク管理をおこなうことを指します。
中小企業向けUTMを導入すると、今までそれぞれ別でおこなっていた、セキュリティ対策を1つの機能でできるようになるので、コストの削減効果があり運用の管理にかかる負担を軽減させることができます。
大企業のようにセキュリティ対策にかかる費用を確保できている場合は良いのですが、中小企業の場合は予算も人員もさけないことが多いので、中小企業向けUTMを導入することのメリットが大きいです。
中小企業向けUTMを導入すると、不正なウェブアクセスをブロックすることができます。
情報漏洩を防ぐことも可能になり、サーバー攻撃を対策を簡単におこなうことができます。
中小企業向けUTMを導入するときには、自社のセキュリティの範囲をカバーすることができるのかや提携先の企業が求めるセキュリティ対策ができるのかなど、見極めることが大切になります。

中小企業向けUTMを導入する前に知っておくべき注意点

中小企業向けUTMの導入を検討しているのであれば、あらかじめ注意点まできちんと理解しておくことが大切だと言えます。
まず、セキュリティ機能の選択ができないことを理解しておくべきです。
中小企業向けUTMに搭載されている機能を使用するので、各機能で最適なベンダーを選んだり組み合わせたりすることはできません。
備わっている機能を使用することになるので、自社に合った内容であるかどうか事前に確認しておくことが重要です。
また、問題があった場合、全ての機能が停止するリスクを知っておく必要があります。
1台にセキュリティ機能が集約されており、停止してしまうとシステム全体に影響が出る恐れがあるので要注意です。
バックアップできる機器や代用できる機器がない、スムーズに対処できる社員がいない場合は困ることになるでしょう。
中小企業向けUTMを導入したい場合は、こういった注意点があることを理解した上で使用することが大切だと言えます。

中小企業向けUTMのコストをどう見るべき

サーバー攻撃にはますます警戒が必要です。
中には、うちみたいな零細企業のネットワークにはだれも侵入しないに、安心しきっている社長さんはたくさんいます。
それは大きな間違いと言えるでしょう。
会社の規模に関わりなく、対策が必要だからです。
むしろ零細企業、個人経営の会社の方がセキュリティ対策が甘いので侵入しやすいという点もあります。
パソコンにウィルスソフトを入れているだけというケースもあるでしょう。
それだけでは、十分な対策であるとは言えません。中小企業向けUTMなら総合して、会社に関わるすべてのネットワークやコンピューターを有害な要素から守ります。
とはいえ中小企業向けUTMはコストがかかるから、すぐには導入できないと躊躇するかもしれません。
経費に応じたシステムを導入することは大事ですが、安全対策をすることはそれよりも大事です。
会社の重要な情報が漏洩してしまうこともあるからです。
必要な経費ですから、惜しむ必要はありません。

中小企業向けUTMの選び方で失敗しないために知っておくべきこと

中小企業向けUTMの選び方で失敗したくないのであれば、正しい選定方法を知っておくことが大切です。
まずは、自社に必要なセキュリティ範囲に合っているかどうかの確認が重要だと言えます。
対応していない部分があると意味がないので、必要な機能を全て搭載している製品を選ぶべきです。
運用しやすさもチェックしておくことが大切だと言えます。
中小企業の場合は、セキュリティやIT専門の社員が常駐していないケースも多いので、自社運用の手間がかかるものを選ぶと大変です。
苦労なく運用できるものを選んだり、困りごとの際には気軽に相談できるサポートが用意されている製品を選ぶと、トラブルなく中小企業向けUTMを利用していくことができます。
他には、自社の規模に合っているか、将来の利用状況に合った処理性であるかという部分も考慮しておくと良いです。
中小企業向けUTMを導入するときには、これらのポイントを意識した選び方をすることで失敗が起こりにくいと言えます。

中小企業向けUTMを導入すると受けるデメリット

中小企業向けUTMのデメリットは、機能面にあります。
例えば自社に欲しいセキュリティ機能が入っていない、もしくは必要なレベルに達していないため不十分に感じることはあるでしょう。反対にセット化されているため使わない不必要な機能が備わっていて、無駄になっているケースもあります。また中小企業向けUTMに不具合が生じると、業務に支障を来すケースも少なくありません。
社内ネットワークを利用できなどころか、インターネットにすら繋がらなくなるため、不具合が復旧するまで業務に悪影響が出る可能性はあります。他にも中小企業向けUTMには、導入に費用がかかるなどのデメリットがあり金銭的な負担は軽くありません。
これらの気になる点があると、導入をためらってしまうかもしれません。しかし導入前に必要な機能があるかどうか確かめたり、トラブル時にスムーズにサポートを受けられる体制が整えられているなら、安心して中小企業向けUTMを使えるでしょう。

業種ごとに必要な機能を見極めよう!失敗しない中小企業向けUTM導入

中小企業のICT環境を守る総合セキュリティが中小企業向けUTMです。多くの中小企業が導入していますが、運用が始まってからトラブルが生じること珍しくありません。よくあるのが業務に必要な機能が入っていないため、新たに追加するなどの事例が見られます。このような事例を回避するには、業種ごとにあった中小企業向けUTMの機能を導入しなければなりません。
選ぶ際のポイントとなるのが、ネットワークへの同時接続数です。従業員の規模に合わせてネットワークの同時接続最大数を決めるべきであり、もしユーザーよりも設定人数が少ない場合は通信速度が低下してしまうので業務効率が悪くなります。そのため同時接続数は従業員数よりも多めに設定すると通信速度アップを目指せます。また業種に関係なく採用されている中秋企業向けUTMの機能が、ファイア・ウォールも抑えておきましょう。社内外への通信の発信受信を総合的に管理するフィルタリング機能など他が充実しており、情報漏えいリスクやマルウェア感染などのリスクを軽減します。中小企業向けUTMを選ぶ場合は、余裕のある形で同時接続数を確保することとファイア・ウォールが必須となっており、必要に応じて他の機能を追加していくと良いでしょう。

ありがちな導入後のトラブル事例!中小企業向けUTM

ハッキングやマルウェアなど、ネットワークの脅威が高まるなか中小企業向けUTMが注目を集めています。
日本の中小企業のうち5社に1社が何らかの被害を受けていると考えられていますが、中には導入後にトラブルが発生したという事例もあります。中小企業向けUTMのトラブル事例の多くを占めるのがミスマッチです。この背景にあるのが、とりあえず導入しておけば安心だろうという安直さにあり、運用段階になってから必要な機能がなかったなどが判明する場合があります。この事例だと中小企業向けUTM導入後に新たにセキュリティソフトを導入するため、追加コストがかかってしまいます。この他にもUTMの特徴であるシステムごとの機能や接続可能ユーザー数へ認識不足から生じる事例が多くなっています。使用する社員が100人いるにも欠かわらず、50人分のみ対応だとUTMは処理しきれないため通信速度が大きく下がります。中小企業向けUTMを導入すればいいというわけではなく、目的の明確化と製品特性への理解しておくとネット環境の安全を確保すると同時に業務をスムーズにできます。

中小企業向けUTMの選定方法と成功例の紹介

インターネットが普及して以来、絶えずセキュリティ上の脅威が消えることはありません。これは会社規模にかかわらず、どの企業にも襲いかかる脅威となっています。中小企業向けUTMを選定するには何を基準に判断すれば良いでしょうか。主な対策は2通りあります。クラウド型とアプライアンス型です。
クラウド型は、クラウド上で脅威をブロックしてくれる方式です。成功例として、セキュリティ要員を確保する人件費より、クラウドサービスにアウトソーシングした方が安価となるメリットが出てきます。アプライアンス型は、セキュリティ装置を社内に設置する方式です。成功例として、社内にシステムに詳しい人員がいなくても、セキュリティ専門会社に委託することで、安心して設置が行なえます。いずれの方式も中小企業向けUTMに適用可能ではありますが、コスト面を考慮して、後者のアプライアンス型をお勧めします。アプライアンス型の方が、導入費用および運用コストを圧倒的に抑えることができます。
ただし、アプライアンス型の唯一の懸念事項としては、導入したら万全ではなく、定期的にバージョンやパッチ更新などのメンテナンスが必要不可欠です。委託した専門会社に相談することで安心して長期にわたって保守運用いただけます。

導入割合が60%超!中小企業向けUTMの機能とは?

ますます深刻化するネットワークリスクに対して法人の情報を守るのが、中小企業向けUTMです。ICT担当者の少ない中小法人でもネットワーク上のリスクから守ることのできるのが魅力になっており、多くの法人が導入しています。導入企業の中でも最も多くの割合で採用されているのが、ファイアウォールです。
中小企業向けUTMを導入した従業員100人以上の会社で割合が60%を超えるなど、最も選ばれている機能の1つと言えるでしょう。ファイアウォールを代表する機能としては、あらかじめ定めておいた通信可否リストに基づき接続遮断する静的フィルタリング、法人からの通信発信時に自動的に通信許可情報を自動作成する動的フィルタリング、静的・動的フィルタリングでは捉えられない不信な通信を遮断するステートフル・インスペクションがあります。さらに通信内容そのものをチェックするプロキシ型フィルタリングによって構成されており、様々なネットワークのリスクから法人の各種情報を保護しています。日常業務で避けられないj通信のやり取りと内容を事細かにチェックするファイア・ウォールは、中小企業向けUTMにおける最も選ばれている機能です。

中小企業向けUTMとは何かや新たな脅威を知ろう

中小企業向けUTM(Unified Threat Management)は、複数のセキュリティ機能を1つのハードウェアまたはソフトウェアアプライアンスに統合したもので、中小企業にとって簡単に導入できるコンパクトなセキュリティソリューションです。
中小企業向けUTMはIDS(侵入検知システム)、URLフィルタリングなどの機能を組み合わせています。
これにより中小企業は低コストで総合的なセキュリティ対策を行うことができます。
新たな脅威として注目すべきは、ランサムウェアIoT機器などです。
ランサムウェアはデータを暗号化し、身代金を要求する悪質なマルウェアです。
ゼロデイ攻撃はセキュリティホールを利用して攻撃する方法で、新しい脆弱性が見つかる前に攻撃される可能性があります。
IoT機器はインターネットに接続される様々な機器のことで、不適切なセキュリティ設定やファームウェアの欠陥により攻撃の標的になることがあります。
これらの脅威に対処するために、中小企業はUTMの導入だけでなく定期的なパッチ適用や教育訓練などのセキュリティ対策を実施することが重要です。

中小企業向けUTMを導入する重要性について

中小企業向けUTMは中小規模に適した設計が行われていることから、豊富な導入事例がある製品が選べますし、導入することで効果的な対策の実現に期待できるのではないでしょうか。
中小企業向けUTMは、今や脅威にさらされているのが大企業だけでなく、規模に関係なくリスクがあることを理解したり対策を講じる必要性が上がっていることから、導入の重要性が高まっています。
被害が表面化するまで気が付かない目に見えない脅威は恐ろしいものですが、しかし目に見えないからといって何もしないわけにはいかないです。
中途半端なやり方では効果が限られますし、自社で担当者を育ててセキュリティ対策の運用にあたらせるのも難しいです。
中小企業向けUTMは現実的な選択肢の1つで、相談から運用まで任せられる企業をパートナーに選べば、効果的なセキュリティ対策が実現します。
中小企業向けUTMを導入するには経営陣の理解が不可欠ですが、まずは脅威の存在と対策の重要性を知ることが大事ではないでしょうか。

中小企業向けUTMはセキュリティの統合的管理を行える

中小企業向けUTMは、その管理が複雑なUTMを効果的に利用することができるものとなっており、技術者の確保が難しい中小企業にとって非常に大きなメリットを生み出します。
中小企業では一般的に人材の確保が難しい状況にあり、特に高度な技術を必要とするUTMを扱うことができる人材の確保は非常に困難なものとなる事は少なくありません。
中小企業向けUTMはこのような問題を解決するために様々な会社がその機能をサービスで提供するものであり、統合的な管理を実現できるのがポイントとなっています。
中小企業向けUTMは機能を提供するものとなっているため、利用する場合にはその運用管理が不要で、非常に効果的に利用できるのがポイントです。
さらに機器を購入する必要がない場合も多く、サービスを契約することで提供される端末を設置するだけでセキュリティ対策を実現できるのがポイントです。
中小企業向けUTMは中小企業は安全にインターネットを利用することができる環境を作り出す、画期的なものとなっています。

おすすめの中小企業向けUTMで業務軽減を実現しよう

UTM(Unified Threat Management)は、企業の情報セキュリティ対策に必要不可欠なツールの一つです。
UTMはファイアウォールやVPN、アンチウイルス、スパムフィルターなど、様々なセキュリティ機能を1つの装置に統合したものであり、中小企業でも手軽に導入が可能です。
まず中小企業向けUTMのメリットは、セキュリティ対策が容易になることです。従来のセキュリティ対策では複数の装置を導入する必要があり、それらを統合することが難しかったり、専門知識が必要だったりすることがありました。しかしUTMを導入することで、1つの装置で多彩なセキュリティ機能を簡単に利用することができるため、セキュリティ対策が簡単に行えます。
次に中小企業向けUTMの業務軽減の実現方法は、管理作業の自動化や集約化にあります。UTMは複数のセキュリティ機能を1つの装置にまとめているため、管理作業も一元化できます。設定やアップデートの自動化機能を利用することで、管理作業を自動化することも可能です。
これらの機能を使うことで、管理作業を軽減することができます。

中小企業向けUTMがもたらす効果とは何か

中小企業向けUTMは、中小企業が抱えるインターネット利用における問題を効果的に解決することができるものとなっているのが特徴です
。一般的にUTMを導入する場合には、その運用管理を行うための技術者の存在が必要不可欠であり、実際に多くの大手企業では専門の管理者を任命してこれを実現しているのが通常です。しかし中小企業の場合にはこれらの管理者の能力を持っている人を雇用することが難しく、さらにはUTMの機器自体を購入することも難しいと言うケースが少なくありません。
中小企業向けUTMは一般的にその機能を提供するクラウドサービスで行われていることが多く、そのために企業側は管理者を準備することなくその機能を利用することができます。
経済的な負担を少なくするとともに、高い技術力を持っていなくても安全にインターネットを利用することができる環境を作ることができることから、中小企業向けUTMは非常に注目されるサービスとなっているのが実態です。

ネットショップ制作に関するサイト

ネットショップ制作を頼む

新着情報

◎2023/5/31

情報を追加しました。

>中小企業向けUTMとは何かや新たな脅威を知ろう
>中小企業向けUTMを導入する重要性について
>中小企業向けUTMはセキュリティの統合的管理を行える
>おすすめの中小企業向けUTMで業務軽減を実現しよう
>中小企業向けUTMがもたらす効果とは何か

◎2022/7/25

情報を追加しました。


>中小企業向けUTMを導入すると受けるデメリット
>業種ごとに必要な機能を見極めよう!失敗しない中小企業向けUTM導入
>ありがちな導入後のトラブル事例!中小企業向けUTM
>中小企業向けUTMの選定方法と成功例の紹介
>導入割合が60%超!中小企業向けUTMの機能とは?

◎2021/10/6

情報を追加しました

> 中小企業向けUTMには主に3種類の導入形態がある
> 中小企業向けUTM導入することのメリット
> 中小企業向けUTMを導入する前に知っておくべき注意点
> 中小企業向けUTMのコストをどう見るべき
> 中小企業向けUTMの選び方で失敗しないために知っておくべきこと

◎2021/6/24

会社に合ったUTMの選び方
の情報を更新しました。

◎2021/3/18

サポートの充実度も重要
の情報を更新しました。

◎2021/1/31

サイト公開しました

「セキュリティ ネット」
に関連するツイート
Twitter

SNPIT様 今後、トークン上場の予定等もあると思いますが、セキュリティ面の強化をよろしくお願いします。 これからSNPITは、数々のアプリ、ネット環境等と紐付けられることかと思います。 規模が拡大すれば海外等から不正アクセスによるトークンの窃取事案の可能性も懸念されます。

ニンダイ見てきた。 3DS持ってたけどWi-Fiのセキュリティ的にネット接続できなかった。権限持つ前に3DSのショップサ終して…電波人間面白いとかいうのを絶対にできないと知りながら聞いてて… Switch、でたね。しかも無料… 頭おかしいって!!!任天堂!!!(褒めてる)

前は、ネットワーク修復を自動でやって復帰したケースもあるんだけど、 今回は、そうじゃなかったので、なんぞって感じで焦ったわ 過去の経験上、ネットの接続に関わる何かしらの不具合って、 セキュリティーソフト絡みが100%だからね

返信先:私も無料の捨てアドを使っていましたが仕様が変わってログインしにくくなり、セキュリティ面も心配になりました😥 念のため別の会社のアドレスにした方がいいかなと思って変更しました。 (ネットに関してはかなり無知で小心者なので…💦) 変更の手順は簡単で、ホッとしました(*´-`)

ネットセキュリティ機器を入れるというので、サーバのセキュリティと干渉してうまくいかないんじゃない?と言ったのに『間に入れるだけなので大丈夫です』と言って作業始めたけど、ほぉら、案の定、設定画面にさえ入れないじゃん。ということで半日潰れたのでむしゃくしゃしている(連続